HOMEグリーンフラッグ制度登録店グリフラマップお問い合わせenglish
富良野の農業について

地産地消って何?

地産地消…

地元 (富良野)で獲れた
産物 を(野菜・米・肉など)
地元 (富良野)のみんなで
消費 (消化)する
地産地消とは「地元生産—地元消費」を略した言葉で、わたしたちの身近なところで生産されたものを地元で消費するという考え方により行われる取り組み。

安心・安全

どこでどんなふうに作られたかわからない農作物より地元のどこで誰が作ったか分かるものの方が、安心して食べることができる。

体にやさしい

「身土不二(しんどふじ)」といわれるように身と土は切り離すことはできない。体と同じ水や空気で育った農作物を食べることは、健康に生きていくうえでも、とても大切。
私たちが住む土地には、その地域や環境に適した農作物が育つ。
環境(地球)にやさしい
遠くから時間をかけて運ばれてくるものよりも、身近なところで獲れた野菜や果物の方が、より新鮮。遠くから運ぶという事は石油エネルギー等をたくさん使っている。