HOMEグリーンフラッグ制度登録店グリフラマップお問い合わせenglish
富良野の農業について

かぼちゃ

(うり科かぼちゃ属)
・冬至にカボチャを食べる習慣がある、それは緑黄色野菜が少なくなる冬にビタミンを取ろうとした昔の人の知恵。
・名前の由来は「カンボジア」が訛って「カボチャ」

品種

大別すると3種類に分けられる。
・黒皮カボチャなどの日本カボチャ
・栗カボチャなどの西洋カボチャ
・ズッキーニや白いカボチャなどのペポカボチャ。

栄養・成分・効能

・ベータカロチンからビタミンAとなり、皮膚を保護する働き。
・ベータカロチンの形で独自に働き活性酸素を除去することで老化を防ぐ。
・食物繊維豊富。腸の調子を整えて便秘を防ぐ効果。
・「ビタミンC」防衛ビタミン・組み立てビタミンとして働く。タンパク質からコラーゲンが作られるときに必要なビタミン紫外線によるメラニン反応を抑える。優秀な抗酸化物質。
・「ビタミンE」別名『若返りビタミン』とも呼ばれ、老化やガンを予防。抗酸化物質。
・種には亜鉛・銅・マンガンなど、ゴマに匹敵するほどのミネラルを含む。

上手な保存方法

丸ごとなら冷暗所で長期保存できる。
種やわたの部分から痛むので、切った場合にはすぐにこれらを取り除き、切り口にしっかりとラップをかけ、冷蔵庫の野菜室で保存する。
新鮮なうちに茹で、小分けして、冷凍して保存するのもよい。