HOMEグリーンフラッグ制度登録店グリフラマップお問い合わせenglish
富良野の農業について
農業が基幹産業の富良野市で、地元の方にも、観光で訪れた方にも、新鮮でおいしい野菜を食べてもらいたい。そんな思いで情報を集めました。是非ご活用ください!
地産地消とは「地元生産—地元消費」を略した言葉で、身近なところで生産されたものを、その地で消費するという考え方です。

富良野の農業

富良野農業のおいたち

1899年(明治32年)に扇山の繰上貞次氏が玄米の収穫に成功したのが、富良野地方の稲作のはじまりとされてる。
富良野は盆地で、夏季は短期間であるが高温となり、これが稲の発育に好影響をもたらし、富良野地方の稲作を盛んにした。
また、当時は米作りは食べるためだけではなく、縄・俵・かますなどのワラ製品が農業に欠かせない必需品だった。大正に入ると、稲作は、品種改良や栽培技術の進歩で急速に発展した。
しかし、食糧管理のもと安定した需給を保っていた米市場が昭和42年頃から余りだし、1970年(昭和45年)、国は全国一律一割の米の生産調整に踏み切り、減反政策を打ち出した。その後1975年(昭和50)に終わるはずだった米の生産調整対策は現在も続いていますが、転作を契機に野菜・果菜の導入に努めた富良野農業は、現在、玉ネギ・人参・スイカ・メロンなどの野菜の一大産地として成長している。

富良野の地勢・土壌

富良野は、海抜200m前後の南北に延びた盆地で、夕張山系芦別岳と大雪山系十勝岳連峰の二つの山脈に囲まれてる。東方には、十勝岳の裾野が広大な森林地帯を形成しており、中央部には空知川が貫流している。高台地の土壌は酸性褐色森林土が分布し、低地の土壌は低地土(褐色低地土、灰色低地土)と泥炭地が占めている。

富良野の気象

北海道の中央に位置する富良野盆地は、大陸性気候が顕著で「昼と夜」「夏と冬」の気温の差が大きく、夏は高温多湿で冬は多雪地方。最高気温は「35℃前後」最低気温は「−30℃前後」で、年平均気温は6℃前後となっており、また年間降水量は例年1000mm程度ですが最近は集中豪雨の傾向がみられる。降雪期間は11月中旬から4月上旬までで、積雪は平坦地で通常1m前後、山間部では2〜3mに達する。

栄養満点

富良野盆地が生み出す気候の寒暖差、夏の昼夜の差が野菜に好影響を与える。厳しい環境の中で植物は自分の身を守ろうとして、養分を一生懸命吸収する。そのため糖度と栄養がのってくる。だからおいしくて栄養満点。